Top >> リチャードソンジリス >> サンデー日記 >> はるばる東京まで。2

はるばる東京まで。2

まめに関しては、結構ショックな事が多かった気がします。
回復の見込みは、ほぼないと言われました。
私の表現も悪かったのですが、「回復」といっても、根治するとは思っていませんので、今より良い状態になるかという意味だったのですが…
治す事より、ケアする方向で考えた方が良いでしょうとの事でした。
元々、そのつもりでしたが、今より少しは足が動いたりするようになるのかなと、淡い期待を持っていたので、ちょっと打ちのめされてしまいました。
でも、飼い主的には、やっぱり淡い期待は捨てないでおこうと思います。
見込みがないと言われた根拠は、麻痺になっているのを発見して、その日のうちにステロイドを打ったのに、ほとんど効果が見られないことから、今後の回復も無理であるとの判断のようです。

今後かかりうる病気に関しては、想像通り「膀胱炎」と言われました。
今、朝晩毎日お腹やお尻の辺りをきれいにしてあげてはいますが、やっぱり雑菌がわくので、膀胱炎にはかかりやすくなるようです。

キレイにしている方法をお伝えすると、それよりはお湯につけてあげた方が良いと言われました。
また、ドライヤーまでは不要なのでは?とのことでした。
私がドライヤーに拘ってしまうのは、人間の髪も同じですが、濡れたままにしておくと、結局雑菌が繁殖するからです。
洗濯物の生乾きと同じですね。
だからドライヤーは必要だと考えます。(冬ではないので、ほどほどにしていますが)
あとは、出来れば圧迫排尿をしてあげてくださいとのことでした。
私はアホなので、圧迫排尿の方法を教えてもらうのを忘れました。
どちらにしても、まめの興奮ぶりからして、その場で見本を見せて頂くのも、ちょっと難しい状態だったと思います。
木曜日にかかりつけの病院へ行って、圧迫排尿を習って来る予定です。
まめに関しては、本来ならレントゲンでしょうけど、かかりつけで頂いた写真をお持ちしたので、レントゲンを撮られないで済みました。
「今日の状態だと麻酔しないと無理ですね」と言われてしまったので、麻酔はあまりかけてほしくないし、持参したレントゲンで事足りるなら、そちらの方がいいですから。

今後のケアについては、希釈した消毒薬をいただいたので、それで洗い流してあげてくださいとの事でした。
あとは、お湯でもいいのでキレイにしてあげる事、可能なら圧迫排尿というところですね。
また、現在はミニデュナに入れているので、狭くて運動量も自動的に制限されていますが、もうしばらくしたら、回し車を撤去して、広いケージに戻してもいいですよとのことでした。
反射はあるのですが、踏み直りテストでは、まったく反応なしでした。
予想はしていましたが、やっぱりちょっと胸が痛みました。
本当にまれではありますが、時々尻尾を振る(?)ので、何ヶ月もしたら、少しは動くようになるのでは?と期待しておきます。
ちなみに診断はつきました。やっぱり「脊髄損傷」だそうです…

サンデーのレントゲンを撮るために、2匹いっぺんに検査室へ連れて行かれ、私たちはひたすら待ちました。(1個のキャリーなので一緒に連れて行かれた)
かなりの時間が経過して、名前を呼ばれたので、また診察室へ。
まず、サンデーの結果から。


コメントする








名前、アドレスを登録しますか?




・・・ ハート 汗 ||| ムカッ ♪ ? ! タラッ ピカッ ブレイク ハート×2 ドクロ 普通 ニコッ ポッ ハテ ニヤリ メガネ 涙 うわーん ビックリ ムッ えーん うっとり テレ ポカーン うーん ゲッソリ 2ch プチュ ショボン ZZZ
投稿されるのにかなり時間がかかりますが、投稿ボタンの2度押しはしないでください。
500エラーが出ても、大体コメントは反映されています。ご安心下さい。