Top >> リチャードソンジリス >> まめ日記 >> まめは脊損、サンデーは意識混濁。1

まめは脊損、サンデーは意識混濁。1

※このエントリーは長いので、分けて書きます。

留守中のサンデーの様子を見るために設置したwebカメラが、意外な事で役に立った。
ケージを変更してから、しばらくは平気だったのに、まめが脱走するようになった。
最初に脱走されたのは、4/15のことで、最初はどこから出たのか判らなかったけど、上から出ている事が判明した。
上半身を乗り出して、今にも脱走しようと言う瞬間を相方が目撃したから。
それで、屋根の一部にプラを貼ってみたのだけど、結局翌日4/16に、脱走した瞬間を職場で見ていたWebカメラで確認した。
また屋根からだった。
脱走して一番心配なのが、コードをかじった事による感電死。
事情を説明して、職場から家に一時帰宅し、まめを捕獲してから、ケージの屋根をバーベキュー網で一部補強して、再び職場へ。
ありがたいことに、私の職場は1/4日ずつ有給休暇が使えるので、1/4休を頂いてまめを捕獲できた。

屋根を補強した後は、当日の昼間は脱走されなかったので、これで大丈夫なんだと思っていた。
ところが、翌日4/17の朝、相方が脱走しているのを発見し、ケージに戻してくれていた。
そこで、屋根にはケージ手前部分しか網を張っていなかったから、後ろ部分も全部網を貼った。
これで大丈夫と思っていたのに、職場についてパソコンを起動し、Live中継にアクセスすると、すでに脱走されていたようだった。
なぜ判ったかというと、カメラの位置がずれていたから。
私が家を出てから、わずか20分程度の事だった。
前日に一旦帰宅させてもらった事もあり、申し訳なくて「また捕獲しに帰ります」と言えなくて、でも心配で心配で上の空で仕事をしていたら、「気になるなら、一度戻ったら?」と同僚に言われて、一旦帰る事にした。
でも、その時は午前11時頃、二本足で立ってキョロキョロしているまめの姿が確認できていたので、取りあえず午後一番で家に戻る事にした。
これが裏目に出た。すぐに戻れば、まめは元気だったのに、家に戻ったのが2時間後だったから、その2時間の間に何かが起こっていた。

家に戻って名前を呼んでも、物音すらしない。
普段なら、カサカサとか、ピャッと鳴いたりするのに、静まり返っている。
まさか死んでしまったのかと、部屋中探しまわり、やっとハムションの下でまめを発見。
見た瞬間、「あー…」と思った。腰から下が、床にべったり着いたまま、途方に暮れていた。
とにかく、救出しなければとまめを捕まえようとしても、上半身の力だけで逃げようとする。
でも、下半身が不自由なので、素早く逃げる事が出来ないから、すぐに捕まえる事が出来た。
捕まえた瞬間、初めて本気で噛まれて流血したけど、自分の流血を気にしている余裕すらなく、取りあえずキャリーケースに移して、病院へ電話。
病院では、オペの時間帯なので、多分無理だろうとは思ったけど、やっぱり15:00まではオペのため、診察は無理との事。
私の休暇は14:45までなので、どうしても間に合わない。
仕方なく、夕方の予約をして電話を切った。


コメントする








名前、アドレスを登録しますか?




・・・ ハート 汗 ||| ムカッ ♪ ? ! タラッ ピカッ ブレイク ハート×2 ドクロ 普通 ニコッ ポッ ハテ ニヤリ メガネ 涙 うわーん ビックリ ムッ えーん うっとり テレ ポカーン うーん ゲッソリ 2ch プチュ ショボン ZZZ
投稿されるのにかなり時間がかかりますが、投稿ボタンの2度押しはしないでください。
500エラーが出ても、大体コメントは反映されています。ご安心下さい。