Top >> リチャードソンジリス >> サンデー日記 >> 麻痺とは違うらしい。

麻痺とは違うらしい。

本日、かかりつけ以外の病院を受診してきました。
とにかく良くしゃべる先生でした。

結論から言うと、麻痺という表現は正しくないそうです。
麻痺というのは、神経が通っていない状態なので、サンデーの場合は神経は通っているし、足も動くし、感覚もちゃんとあるから、麻痺ではないということでした。

サンデーとまめ

昨日のサンデーとまめ。
朝食の小松菜を食しております。

さて、ではなぜ後肢に力が入らないのか。
それは、鳥がよくなる病気と同じだそうです。診断名もつきましたが、ここでは書かない事にします。
検索で来た人が、鳥ではない事で、迷惑かけちゃいそうですので…。

ネットで調べてみても、鳥以外の動物がかかったという例を見つけられませんでした。
ちなみに、獣医師の方が言うには、栄養不良が原因だそうです。
途中までは、ペレットはプレーリープラスをあげていましたが、途中かなり太ったので、バニーベーシックスTに変えました。
バニーベーシックスTは、悪くはないのでしょうが、若いうちからあげるものではないと言われました。
プレーリープラスは栄養的には良いのでしょうが、柔らかすぎるので、やっぱり良くないと言われました。
フードを変えて、少しでも回復するように、様子を見ましょうという事になりました。
薬も出ました。鳥の治療に用いるものだそうです。
欠乏していると思われる栄養素がふくまれているものだと思います、多分。
糞便検査では、タンパク質が多すぎて繊維が少ないと言われました。
結局、バニーベーシックスTは、サンデーには向かないえさだった、という事らしいです。
(バニーベーシックスTが悪いという訳ではなく、合わなかったという事)
あ、あとケージが寒そうだから、保温に気を使ってと言われました。
(事前にメールでケージの写真を送っていたのです)

病院で販売しているフードを、ちょっとだけあげたら、すごく良く食べたので、そちらを購入して帰りました。
鳥さんの病気は、ギプスのようなものをしたり、治療法もいろいろあるようですが、完治しない事も多いそうですし、サンデーも完治は難しいかなと思います。
でも、今より少しでも生活しやすい状態になってくれればいいなと思います。

まず、頂いた薬をどうやって飲ませるか、1回嫌がられると二度と無理ってなる可能せいもあるので、気をつけないと…。

余談ですが、病院で飼育されているプレーリードッグさんを見せて頂きました。
7歳と言っていたような…でもすごく元気で健康そうでした。
先生のご好意で、抱っこさせてもらいました。
とっても大人しくて、良く馴れていて、可愛かったです。01.gif
プレさんに触るのは、初めてだったので、感動しました。
大人しくてよい子だったのにも、ビックリしました。
声が聞けなかったのが、ちょっと残念でした。
ちなみに、病院のプレさんは、大きめの衣装ケースに住んでいました。
保温に適しているから、ということでした。
起きている時は、病院内をお散歩させているそうですので、ケージが狭くても問題ないようです。


コメントする








名前、アドレスを登録しますか?




・・・ ハート 汗 ||| ムカッ ♪ ? ! タラッ ピカッ ブレイク ハート×2 ドクロ 普通 ニコッ ポッ ハテ ニヤリ メガネ 涙 うわーん ビックリ ムッ えーん うっとり テレ ポカーン うーん ゲッソリ 2ch プチュ ショボン ZZZ
投稿されるのにかなり時間がかかりますが、投稿ボタンの2度押しはしないでください。
500エラーが出ても、大体コメントは反映されています。ご安心下さい。