Top >> Others

やば…

寝ちゃいました。(汗

Macって進んでいるの?

今日、ふと思ったのだけどね、思ったというか思い出したというか。
うちの会社の偉い人たちは、ちょっと古いノートPCを使っていたのです。
最近、買い替えたので、今は私のVAIOよりハイスペックなマシンなのだけどね。
でも私の使っているVAIOにはイーサネットポートが標準装備だったけど、彼らのマシンには、なかった。
だから事務所でDSLが開通し、私がLANを組んだのだけど、その時にイーサネットカードを2枚買ってきたんだよね。
彼らのマシンはいつ買ったものか知らないけど、うちのiMacよりは新しかったはずなのだ。
でもiMacってイーサネットポートって標準装備だったし。。
で、新しいマシンを買った時も、そのカードを使おうとしてたし(爆)
「あのぉ、最初からついてますけど。。」って私が言ったのをはっきり覚えております。(笑)
アップルトークって使った事がないのですが、もしかしてアップルトークってイーサネットポートを使って繋ぐものだったのかしら。。(^_^;)
だから前から標準装備?
なんだか良く知らないけど(笑)お偉いさん達のマシンにイーサネットポートがついてなかった時、ちょっと勝ち誇った気分になったのをふと思い出したのでした。(笑)
「iMacにだってついてるのに〜」ってね(爆)
なんて単純な私なんだろう〜…(/▽\)

USB2.0

ちょっとMacと関係ない話なんですけどね。( ̄ー ̄; ヒヤリ
今日、会社で使っているVAIOにUSB2.0のカードを買いました。
特に不便を感じてはいなかったけど、2.0対応の周辺機器を繋ぐと、いちいち遅いUSBポートに速い機器が接続された、みたいなアナウンスが出るわけですよ。
もう、超うざくてうざくて、気になっていたので、そこまでうるさく言うならわかったわよ。
USB2.0つけりゃいいのでしょ!と思ってね。(笑)
税込みで4000円未満で買えるし、それぢゃいっちょ買うかなというわけで購入しました。
とはいえ、会社のお金で買ったVAIOですから、当然使っているのは私でも所有者は会社という事になります。
だからね、自分のお金で買うのにちょっと抵抗が。。
で、会社の消耗品を買う時に、こつこつパソコンショップのポイントを貯めていたので、そのポイントを使って買いました。(笑)
装着はしたものの、まだUSB2.0対応の機器を試してなくて。
きっと体感出来るくらい速いのでしょうけど。
感動的だったら、Macにも買ってあげようかなと思っています。
でもPM G4持ち上げるのいやなんだよねぇ。(笑)
HDももう一台増設しようかと思っているところなので、本当にHDD買ったらその時一緒にUSB2.0も買って一緒につけちゃおうかな、ともくろみちぅ。
でもHDD買うのはまだ先になりそうなので、MacでUSB2.0使える日は当分来ないかも。(笑)

なんとタイムリーな♪

2〜3日前から、OS XでOS9互換のimgファイル作れるツールを探しまくっていました。
DMG Makerで作れるのですが、なんだかうまくいかなくて。
一度は成功したんだけど、その後全然エラー出てダメで。
シェアウェアになっちゃったようだし、古いフリーのバージョンでは、Pantherだと動かないみたいで。
困り果てていたのですよ。
ディスクイメージを作れるツールは片っ端から試したつもりですが、全部dmgしかダメだったので、仕方なくiMacでimgファイル作っていたのです。
で、今日やっとimg作れるツールを見つけました。
新し物好きさんで紹介されていて、すぐさま試しました。
おぉ!ちゃんと出来た♪まぢで感動です。(笑)
もしかしたら、私の探し方が甘くて、他にもフリーでそういうツールあるのかもしれないのだけど。
でも今日発見したヤツは日本人の方が開発したもので使い方も非常にわかりやすかったので、ホント助かりました。
作者さんに(人-)謝謝(-人)謝謝です♪

MacとDVD

つい数日前にメルでMacでDVDrippingの方法などを聞かれたので、今日はネタもないし(笑)そのことについてちょっと書いてみようと思います。
そもそもripすること自体が法に反するとかいろんな意見がございまして。
確かにプロテクトされているものをプロテクト外すわけなので、法に反すると言われればそんな気がしないでもないです。
でも実際には、プロテクト自体人間が考えて作り出したものなので、当然外す事を考えるのが人間の当たり前の姿なのではないかと(笑)
コピーして売ったりする悪い人がいるから、こういうプロテクトなどという技術が出来てしまうわけですね。
私自身は売ったり、人にあげたりしなければいいのではないかなぁ、というちょっと甘い事を考えています。
まぁ簡単にコピー出来てしまうと売り上げに響きますので、プロテクトされて当たり前といえば当たり前ですね。
ところが買ったものをバックアップとして取っておきたい場合もあるのです。
何度も再生するのはバックアップした方だけで、原本は大切に保存しておきたい、そいういう事もあると思うのです。
実際、私が車のCDチェンジャーでかけているCDは、自分が購入したものをコピーしたディスクなのです。
車のチェンジャーなんかは壊れてCD取りだし不能とか陥りがちですし、何度もディスクをチェンジされるうちに傷だらけとかにならないかな、なんて心配になるものですから。
DVDだって同じだと思うんです。

前フリが長くなりましたが、実際にrippingの方法について書いてみます。
Software->Movieのコーナーで紹介しているDVDBackupを使ってプロテクトされたDVDから中味を丸ごと抜き出します。
VIDEO_TSフォルダをDVD-Rに書き込めば、そのままDVDプレーヤーで再生出来るのです。
でも市販のDVDは片面2層とかで、容量がDVD-R1枚分よりオーバーしてしまうことがあります。
それを圧縮してあげないとだめなので、DVD2Oneというアプリを使います。
DVD2oneはシェアウェアですので登録してくださいね。
使い方は難しくないので、やってみれば解ると思います。日本語にも対応してますし。
晴れて圧縮成功したら、あとはDVD-Rに焼くだけです。
微妙に画質は落ちると思いますが、ほぼオリジナル通りに観賞出来ます。
さらに、DVD-Rに丸ごとバックアップではなく、エンコードして保存しておきたい人もいるでしょうけど、ハイスペックのMacを持ってないとかなり辛い作業ですので、私はMacでエンコードする事は勧めません。
実際私もエンコードしていますが、それはVAIOを使ってやっています。
非力なVAIOでも、やっぱりMacよりは速くエンコード出来るようです。
ちなみに、DVDから抜き出した音声は、比較的小さめです。
だから音量も調節してあげないといけなくて、すっげー面倒です。(笑)
やっぱりエンコして保存より丸ごとバックアップが楽でいいですね。

|  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | 10 |  11  | ALL |